視線恐怖症

脱!恐怖症ナビの一押し教材

視線恐怖症

 

 

視線恐怖症は対人恐怖症(社会不安障害)の中に含まれる
一つの症状になります。

 

視線恐怖症は神経症の症状の一つですから、森田療法などの
精神療法により治療していけば、症状が改善していきます。

 

症状の具体例は、下記にまとめたような形で現れることが多いです。

 

・自分の視線が相手に不愉快な思いをさせていると感じる。

 

・目に力が入ってきつくなり相手を正視できない。

 

・人の視線が気になりぎこちなくなってしまう。

 

・見てはいけない所に目が行ってしまい、人に変に思われる。

 

・目的以外の方に視線が行ってしまい目的に集中できない。

 

・人前であがり、思うように話せなくなってしまう。

 

 

常に自分が人からどう見られているかと、ここに注意が向く癖がついて
しまっている状態だと言えます。

 

症状の現れ方は微妙に異なりますが、その根本原因は共通していますので、
森田療法など適切な対応をしていけば薬を飲まなくても充分、改善していくことが
可能です。

 

 

 

⇒ 60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善

 

脱!恐怖症ナビ

 

脱!恐怖症ナビマニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 脱!恐怖症ナビ 総合ランキング

 

脱!恐怖症ナビ 人気ランキング

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる【恐怖症改善マニュアル】 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


1日4分自己催眠トレーニング『脱!!恐怖症プログラム』 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位